各種ローンの限度額

お金を借入れる時に、まずチェックしておきたいポイントは、借り入れの限度額。
いくら借りたいか、いくらまで借りれるかは初めのうちに確認していないと後々困ってしまう場合があるんです。

消費者金融を利用するときには、契約時点で限度額が設定されますが、この限度額は増額することもできます。返済可能性が高いと評価されれば増額に応じてくれるでしょう。ただし、消費者金融で借り入れをするときには上限が定められる場合が多いですから注意が必要です。上限は貸金業法によって定められています。

貸金業法によれば、キャッシングなどで借りることのできる金額の上限は年収の3分の1までと決められています。ですから、例えば年収が480万円の人であれば、160万円までしか利用することができないのです。これが総量規制と呼ばれる規制です。

さらに大きな資金を借りたいと思ったときには他の方法で借りることができます。総量規制は担保や保証人を必要としない融資に対して行われる規制ですから、担保を設定することによって総量規制の対象外になります。

例えば、不動産を所有しているのであれば、不動産を担保にすることによって、その不動産の評価に相当する金額まで借りることができます。一般的には不動産担保ローンという名前でサービスが提供されていますから、より多くの限度額が必要となったのであれば、不動産担保ローンを提供している消費者金融を選ぶのが良いでしょう。